2016-09-21

LenovoのWindows 10 Signature Edition PCにLinuxのインストールを妨害する機能が発覚

Warning: Microsoft Signature PC program now requires that you can't run Linux. Lenovo's recent Ultrabooks among affected systems. : linux

BaronHK comments on Warning: Microsoft Signature PC program now requires that you can't run Linux. Lenovo's recent Ultrabooks among affected systems.

LenovoのSignature Edition for Windows 10のPCに、GNU/Linuxがインストールできない問題がある。

問題は、LenovoのSignature Edition PCでは、ストレージがプロプライエタリなFake RAIDモードになってる。Fake RAIDとは、物理的に複数のストレージを、ファームウェア側であたかもRAID0を使っているかのように一つのストレージに見せかける機能である。真のハードウェアRAIDとは違い、完全にハードウェア側でRAIDを実現しておらず、ソフトウェアによる対応が必要である。つまり、特別なドライバーが必要になる。

一時期、見かけ上のストレージ性能を上げるために、Fake RAIDで2つのSSDをRAID0で一つのストレージに見せかける構成のラップトップが流行したが、最近は下火になっている。

そもそも、ソフトウェアによる対応が必要なRAIDならば、すべてソフトウェアで行うべきである。Fake RAIDでやっているのは、複数のストレージをまとめる設定が事前に行われていて、ユーザー側がソフトウェア上で意識しなくてもよいというだけの話だ。

ましてや、RAID0を組むと、片方のストレージの故障で、ストレージ全体が壊れるので、安定性の面から極めて心配だ。

それはさておき、LenovoのWindows 10 Signature Edition PCでは、プロプライエタリなFake RAID構成になっていて、しかもBIOS設定でRAIDモードからAHCIモードに切り替えることができなくなっている。UEFI変数を直接変更してAHCIモードにしても、即座にRAIDモードに設定を戻す嫌がらせのような仕組みが施してある。

この嫌がらせのような仕組みに対して、Redditユーザーが、Best Buyのレビュー欄でLenovo社員を自称する人間から受けた返信として、LenovoとMSは秘密の契約をしていて、Windows以外のOSのインストールを妨害するためにこのような嫌がらせのような仕様にしているのだと明かされたというコメントがある。

なお、この嫌がらせのような妨害措置を回避したというユーザーが現れている。

Re: Yoga 900-13ISK2 - BIOS update for setting RAID... - Page 15 - Lenovo Community

それによると、基盤にプログラマブルチップをハンダ付けしてBIOSを書き換え、AHCIモードに切り替えたところ、Linuxのインストールに成功したとのことだ。

LenovoとMicrosoftのブランドは地に堕ちてこれ以上堕ちることはないと思っていたが、まだ地面にめり込むほど堕ちることができるらしい。

不自由なソフトウェアを使った当然の報いである。

追記

mjg59 | Microsoft aren't forcing Lenovo to block free operating systems

mjg59 | Skylake's power management under Linux is dreadful and you shouldn't buy one until it's fixed

どうも、これはIntelの省電力化のためであるらしい。というのも、IntelのSkylake世代のCPUの省電力機能を完全に使うためには、SATAまで省電力機能に対応させなければならない。IntelのAHCIドライバーははこの省電力機能を使っているが、MicrosoftのAHCIドライバーは使っていない。そこで、省電力機能を確実に有効にするため、RAIDモードを有効にして、Microsoftのデフォルトのドライバーが使われないようにしているらしい。

IntelはSATAの省電力サポートの方法をドキュメント化していない。SkylakeはPC8までのレベルの省電力をサポートしているが、GNU/LinuxではPC3レベルまでの省電力しか使えない。Intelのドキュメントによれば、Skylakeの省電力機能に完全に対応しないまま使うと、CPUに損害を与える可能性があると書いてある。とても心配なことだ。

面倒なことに、SATAを使わない状態でも、SATAの省電力機能に対応しない場合、PC3までの省電力機能しか使えないそうだ。

そのため、この件における真の悪人はLenovoやMicrosoftではなく、Intelであるとのこと。

2 comments:

Anonymous said...

身元不明の情報源を元に批判するのは不誠実ではないか?

Anonymous said...

自称Lenovo社員の書き込みって大嘘だったんじゃねえかよ