2019-11-17

侮辱的な報酬額の大学講師の仕事依頼がやってきた。その額なんと月2.7万円

あるミッション系の大学から講師委嘱の依頼がやってきた。その科目は私の個人的な知識と経験から興味深い話がたくさんできるであろう分野で、具体的には、著作権特許権と検閲、電子書籍とDRM、著作権特許権の保護する範囲を越えようとする不自由なソフトウェアライセンス、岡崎図書館事件、兵庫県警Alertループ事件、神奈川県警CoinHive事件、あるいは本の出版事情や再販制度といった内容を取り扱うことになる。

例年70-80人の履修者がいて、1学期間に1コマ100分が14回に加えて内容の理解の確認のための課題と評価だ。

単純計算で一ヶ月に7時間の授業と、準備時間を授業時間と同じぐらい確保し、課題作成と80人分の回答を評価する時間を考えると、最低でも月に20-30時間ぐらいは必要だ。質をあげようとすればもっと長時間の労働になるだろう。大学なので報酬は安くても引き受けるとして、期間を定めた個人請負なので時給1万円ぐらい、月に20-30万円ぐらいならば請けようと思っていた所、提示された報酬額はなんとわずかに月2.7万円。

もはや失礼を通り越して桁違いに侮辱的な額だ。まさか想定より桁が一つ違う失礼な額を提示されるとは思わなかった。東京都の最低時給は現在1013円。最低時給を満たすかすら怪しい。およそ大学講師という知的労働に見合った報酬額ではない。

当然詐欺を疑ったが、残念ながら可能性はだいぶ低いように思われる。大学名、教授名、科目名はすべて実在のものであるし、メールアドレスのドメインはac.jpでこれはおいそれと取得できるものではないし、確かにこのメールアドレスに送信した内容に応じた返信を得ている。私はTLS経由でGMailを利用しているので私とGoogleの間の通信経路の改変はないものと考えると、GoogleとGoogleから通信経路さえ信用できればいい。

挙げ句のはてに、「大学の教員のお給料ってそういうレベル」と返事が来たものだ。

そういうレベルとは一体全体どういうレベルだ。公開されている情報によれば、この私立大学は1年あたり、国公立大学の学費の3倍もの費用を学生に課している。3倍金を払っている学生が70-80人も履修する授業において、税法上優遇されている学校法人が、履修者のたった一人の一月分の学費のそのまたさらに10分の1の額しか講師に出せないとしたら、そのカネは一体どこに消えているのだ?

この大学の学生は、学費を搾取されている情弱か、あるいはカネで学位を買っている詐欺者だろう。

そもそも私に声がかかるのがまずおかしい。私はたまたま該当分野で教育できるだけの知識と経験を持っているが、私はこの分野で有名というわけではない。まともな人間は引き受ける報酬額ではないので、ようするにネット上で適当に検索してある程度の知識を持っていそうな人間に片っ端から声をかけているのではないか。残念ながらそれで釣れるのは山師と詐欺師だ。月2.7万円に見合う仕事というのは何の準備もせずデタラメを話し、課題の提出と評価もさらに安価で他人に丸投げし、ついでに学生をネズミ講にでも勧誘することだ。そうすれば元が取れるだろう。ついでに大学講師をしているという肩書を利用してオンラインサロンでもすると一層元が取れる。

こんな侮辱的な報酬額を提示するのは、これでも請ける人間がいるからだろう。労働力の不当廉売をする者は被害者ではなくて加害者だと心得よ。

2019-11-14

John Carmack、人工汎用知能に取り組むと宣言

John Carmack - Starting this week, I’m moving to a... | Facebook

今日から、OculusのコンサルCTOの立場になる。

まだ開発に口を出すが、そんなに時間は割かない。

残りの時間をどのように費やすべきか。振り返って見るに、私はゲーム、ロケット、VRの分野において成果を上げてきた。ただ、今までは曖昧ではあるが解決策の道筋は見えていた。その当時は非現実的であったりまだ動くと証明されていなかったとしてもだ。そこでたまに考えていたのだが、解決の道筋すら見えない問題に取り組むのはどうだろうと。私が歳を取りすぎる前に挑戦すべき課題であるように思われる。

私は人工汎用知能(Artificial general intelligence, AGI)に取り組むことにした。

AGIは可能で、とても有益で、かつ私は何らかの成果を上げられるのではないかと思っている。そこでPascal’s Mugging(たとえ可能性が極めて低くてもそれによって得られる利益が莫大であれば期待値的には釣り合っているのでやるべきという理屈)に従い、挑戦する。

今のところ、私は「ビクトリア朝時代の紳士科学者」風に研究する。自宅で考え、実践してみるのだ。

AGIの次に取り組むべき価値のある研究は、安価な核融合炉だが、この研究スタイルには合わない課題だろう。

2019-11-10

スキー場のシーズン券の購入を考えている

今シーズンは11月から5月まで全力でスノーボードをする予定だ。週に2回はスノーボードに行きたい。そこでシーズン券を買うことを思いついた。同じスキー場に何度も行くのであればシーズン券を買ったほうが得だろう。前シーズンは旅行会社のツアーで新幹線とリフト券を割安で手に入れていたが、旅行会社でツアーに申し込むのも面倒だったし、前シーズンでは東京-越後湯沢を日帰り往復するだけの割安ツアーもあったので、損はしない。

ではどこのシーズン券を買うべきか。都内から日帰りできるスキー場というと、軽井沢か越後湯沢だ。ただ、軽井沢プリンスホテルスキー場は土日祝日に混むのと、スキー場の作りがそんなに面白くはないので、越後湯沢駅から短時間で行けるスキー場になるだろう。

去年はガーラ湯沢によく行っていた。駅直結で行きやすいスキー場ではあるが、ある程度滑れるようになった今、他のもっと面白いスキー場でもいいだろう。特に今年はコブを練習したいのでコブで有名なスキー場がいい。

かぐらスキー場はコブで有名だ。ただしシーズン券が高い。他のスキー場の倍の値段だ。なぜこんなに高いのか考えていたが、おそらく営業期間のためだろう。多くのスキー場は12月下旬から3月末までの約3ヶ月間営業する。しかし、かぐらは11月下旬から5月下旬までの約6ヶ月営業する。営業期間が倍なので、価格が倍でも売れると踏んでいるのだろう。ただ、かぐらはゴンドラやリフトの設置があまりよくないせいで、移動するのに時間がかかる。シーズンのはじめと終わりに何回か行くだけでいいだろう。

神立高原(今年から名前を変えて神立スノーリゾート)は仮眠室という名前の雑魚寝部屋がある。ここのシーズン券と温泉パスを買うと風呂入り放題雑魚寝し放題滑り放題となる。しかもこのスキー場はナイターもかなり長時間やっている。ここならば、夕方に東京から越後湯沢に行き、軽くナイターを滑って雑魚寝し、翌日も滑って風呂に入って帰ってくることができる。実はかなりいいのではないか。ただし、雑魚寝部屋は休日しかやっていないそうだ。

石打丸山スキー場はハーフパイプがある。ただし、おそらく今年はハーフパイプをするほどには上達はしないだろう。

舞子スノーリゾートの早期シーズン券を買うといろいろと特典がついてきてお得だ。

特典という意味では、ガーラ湯沢も捨てがたい。ガーラ湯沢のシーズン券を買うと、なんとスクールの回数券が5000円引きで買えるそうだ。つまり2時間レッスンが実質2千円で受けられることになる。ガーラ湯沢は4月以降もGWまで雪が続く限り営業するので4月になってからも何度かは滑ることができる。

といろいろ考えたが、旅行会社のツアーやショップの割引券などを使えば、リフト券の代金は1日3千円ぐらいになる。それに、今年も白馬八方尾根スキー場などに何度か遠征する予定だ。シーズン券を買って一つのスキー場に縛られるより、いろんなスキー場に行ったほうが楽しめるのではないか。

2019-11-07

Using enum

C++20にはusing enumが入る。この機能、すっかり見逃していた。

どのような機能かというと、scoped enumを名前空間のusing directiveのように使うことができる。

using enumがないと以下のように書かなければならないが


enum struct color { red, green, blue } ;

void f( color c )
{
    switch( c )
    {
        case color::red :
            break ;
        case color::green :
            break ;
        case color::blue :
            break ;
    }
}

using enumを使えば以下のように書ける。


enum struct color { red, green, blue } ;

void f( color c )
{
    using enum color ;
    switch( c )
    {
        case red :
            break ;
        case green :
            break ;
        case blue :
            break ;
    }
}

scoped enumは暗黙の型変換をしないので、従来のenumに変わって使われるべきだが、いちいちenum名を修飾子なければならないのは面倒だ。そこで、名前空間のusingディレクティブのような機能、using enumが追加された。

CADDiのC++勉強会@11月19日

CADDiのC++勉強会が11月19日の19時から行われる。

C++勉強会 #8 - connpass

今回は一時オブジェクトの寿命と、C++20の新機能を時間が許す限り解説していく。