2018-06-12

coinhiveが不正であるというナンセンスについて

coinhiveの設置者が不正指令電磁的記録取得・保管罪で略式起訴を受けたので正式に裁判して争う発表をした。

仮想通貨マイニング(Coinhive)で家宅捜索を受けた話 - Webを楽しもう「ドークツ」

高木浩光@自宅の日記 - 懸念されていた濫用がついに始まった刑法19章の2「不正指令電磁的記録に関する罪」

6月10日の高木宏光の記事では具体性がなかったのでよくわからなかったのだが、こうして具体例を目にしてみるとこの件がとてもひどいことがわかる。

裁判は多少のカネと時間がかかるがそれほど労力はかからない。数カ月に一度、提出した書類道理の陳述するという儀式をするだけのものだ。みんなもっと積極的に裁判をすべきだ。

法律の解釈は裁判をして判例を作ることで成り立っているので、おかしいと思った法律解釈には積極的に裁判をしないとどんどん悪い判例が積もっていく。

それはそれとしてcoinhiveは嫌いなので広告と同じくブラウザー拡張でブロックするべきだ。

1 comment:

Anonymous said...

https://cpplover.blogspot.com/2010/12/blog-post.html

これを思い出した。悲しいなぁ