2020-08-31

360度カメラの残念な現状

冬のスノーボードのために動画撮影用のカメラを買おうと思っている。今の所、GoProの次のモデルが発表されたら買うのを検討しようかと思っているのだが、360度カメラという選択肢も出てきた。しかし調べたところ、360度カメラの現状はあまりよろしくない。

360度カメラではカメラを中心に全周囲を撮影できる。これによって追い撮りするときに撮影対象を収めそこねたという問題を回避できるし、自分も周囲も同時に撮影できる。私の目的は思い出を記録しておくことだから、360度カメラはとてもいい選択肢のように思える。

360度カメラは2つ以上のレンズを使って撮影した複数の映像をつなぎ合わせることで実現されている。一般的な製品では半球レンズを2つ使って2つの動画を撮影してつなぎ合わせている。

撮影した生の映像は、半球レンズによって著しく歪んだ2つの動画にすぎない。このままでは見るに耐えないので、視点を固定し、その視点に合わせた現実的な狭い視野を模した動画の一部のみを再生することになる。そのための処理として、製品ごとに異なる独自のプロプライエタリなソフトウェアが必要になる。

まずstitchingを行う。撮影した複数の動画は境目となる部分を単に重ねただけでは継ぎ目が明らかになってしまう。撮影部分がオーバーラップしたり、撮影方向の違いによって当たる光の関係で映像の色温度が変わってくる。これをごまかすために、オーバーラップ部分を認識したり、継ぎ目をぼかしたり、色温度を調整したりといった処理が必要になる。複数の独立したカメラを使って手動で360度動画を作るならこれはすべて手動でやらなければならない。360度カメラのようにあらかじめカメラ特性が分かっているのであれば自動化も可能になる。そのためのソフトウェアはカメラベンダーが提供するプロプライエタリなソフトウェアとなる。GoPro MAXではstitchingはカメラ内で撮影時に行われる。

次にprojectionが必要になる。我々の視野は360度ではない。そのため視聴環境に合わせて動画を変形させなければならない。視聴環境が平面ディスプレイせよ、VRディスプレイにせよ、必要だ。この処理も事前にカメラ特性がわかっていれば自動化できるが、そのためのソフトウェアもカメラベンダーが提供するプロプライエタリなものになる。

360度動画に必要なものは規格化であるように思われる。stitchingはカメラ内で行えるが、projectionは処理量的にカメラ内ではやりにくい。その方法もまだ発展段階にあり混沌としている。projectionを規格化することによってカメラベンダーごとのプロプライエタリなソフトウェアの必要をなくしてほしい。

なぜこれを問題視しているかと言うと、プロプライエタリなソフトウェアが10年後に動作する保証はどこにもないからだ。しかも360度動画のprojection処理はGPUを使うのでなおさらだ。

5 comments:

Anonymous said...

そういうのは、市場を食うライバルが出てきて、そいつらがオープン化をするもんだよ。

Anonymous said...

>360度カメラの残念な現状
>360度動画に必要なものは規格化

と、思われるのでしたら、ご自身でやられたら? オープン・ソースにオープン・ハード。例え、性能がその辺のプロプライエタリより一寸低くて、かなり不格好だとしても、他力本願でいるよりはマシかと。今は、ラジコン模型用のジェット・エンジンとか手に入る(その模型用エンジンで空を飛ぶ○印まで出る)時代。この原型を作った人は、毎分10万回転ほどするコンプレッサー・ブレードをベニアで試作していたぐらい狂気じみていた(確かドイツ人。当然、強度が足りないのでカーボン・ファイバーとかで補強=それなりの知識は合った)のですが、その辺が西洋人と東洋人の違いなんですかね? 特に日本人は、馬鹿にされようとも自力で・・・の精神が足りないようですな〜。人のやること見て批判的に偉そうな講釈たれる輩はワンサカいるようですが。まあ、建設的なアドバイスを・・・と思って何か言うと、ムキになって反駁する輩も多いですが。

Anonymous said...

👆批判的に偉そうな講釈たれてて草

Anonymous said...

👆そういう風に他人の意見を何でも「批判的」とか「偉そうに」としか取れない頭が草

Anonymous said...

three.jsとかですでに表示はできると思いますけど、それじゃだめ?
https://ics.media/entry/14490/