2017-03-23

Ubuntuがブート時にmanual fsckが必要だとしてinitramfsで止まった時

Ubuntuが塊操作不可能になったのでREISUBでリブートしようとしたら、以下のようなメッセージを表示して止まった。

/dev/mapper/ubuntu--vg-root contains a file system with errors, check forced.
Inodes that were part of a corrupted orphan linked list found.

/dev/mapper/ubuntu-vg-root: UNEXPECTED INCONSISTENCY; Run fsck MANUALLY.
    (i.e., without -a or -p options)

fsck exited with status code 4.
The root file system on /dev/mapper/ubuntu--vg-root requires manual fsck

これはエラーメッセージの通りファイルシステムに不整合な問題が発生している。おそらく原因は先程正しくunmountできなかったためで、ストレージの故障ではないだろう。おそらくBを早く押しすぎたのだ。

この問題を解決するには、そのまま、fsck /dev/mapper/ubuntu--vg-root とコマンドを入力すればよい。そしてaと入力すると、運が良ければファイルシステムの不整合が修正される。

3 comments:

Anonymous said...

もうLinuxで面倒だからWindowsでいいよ

Anonymous said...

s/塊操作/固まり操作/g

Anonymous said...

運が良かったので修正されました。ありがとうございます。