2019-12-18

スノーボードの最適なスタンス設定を求めて

前回、スノーボードで膝の靭帯を痛めたが、どうにも解せない。膝を痛めるような過度の負荷をかけるような滑り方はしていないはずだ。そしてグラトリやパークのようなはるかに膝に負荷がかかりそうな運動をしている人でも、膝を痛めていない人がいる。どうもおかしい。健康な人間の靭帯の強度というのはそれほど変わらないはずだ。ましてや片足スクワットが連続してできるほど鍛えた今年、数百メートルおきに休憩するような滑り方でこんなに膝を痛めるのはおかしい。

そこで私は、バインディングの設定に問題があるのではないかと考えた。

スノーボードのバインディングは様々な調整ができる。バインディング自体の調整と、スタンスの調整だ。

スタンスには、スタンス幅とスタンス角がある。

スタンス幅は2つのバインディングの中心部からの長さのことだ。一般に、長いと安定性が増し、かつ板をたわませたり回す力も少なくて済む、ただし膝に負担がかかる。短いと不安定になるし板をたわませたり回す力もより必要になるが、膝への負担が少ないとされている。

一般にグラトリやパークをする人はスタンス幅を長めに設定し、速度を出してカービングする人はスタンス幅を短めにするとされている。また身長の大きな人ほど体格に合わせて長いスタンス幅にするようだ。

私のボードのスタンス幅のリファレンスは56cmあった。膝への負担を軽減するためにスタンス幅を狭くすることにした。板の最も内側のビス穴を使い、かつベースプレートでも幅を狭めることにより、スタンス幅を最短で48cmまで狭くすることができた。まずこれで滑ってみて、あまりにも狭いようであれば現地で調整することにしよう。

スタンス角は大雑把に分けて3種類の設定がある。フォワード(18-27/0-12)、極端にフォワード(30-45/21-35)、ダック(+/-)だ。

前回は初めてダックスタンスを試してみようと+12/-9をためした。極端に強いダックスタンス(+15/-15以上)は後ろ足の膝に負担がかかるという説もある。前回のダックスタンスはそこまで極端でもないので、ダックスタンスで膝を痛めたとは考えにくい。とりあえず次回はカービングをしたいので前向き(21/6)に設定してみた。

バインディング自体の調整としては、ハイバックの傾きを設定するフォワードリーン(forward lean)、ハイバックの位置を変更するロテーション(rotation)、つま先の足置き場の長さを調整するトゥランプ(Toe ramp)がある。

フォワードリーンをいれるとハイバックと靴の間の遊びがなくなり、エッジを立てるときの反応がよくなるが、遊びがないのでわずかな動きもエッジに伝えてしまい操作性が寛容ではなくなる。ロテーションは極端なスタンス角に設定した時に、ハイバックの位置をずらしてボードに対してより平行に当たるようにする目的がある。トゥランプはブーツのつま先が乗る場所だ。

プロのスノーボーダーのスタンス設定をみても、ばらつきが大きすぎて参考にならない。身長とスタンス幅は比例しているように見える。女性のほうがダックスタンスの角度が狭い傾向にある。デモンストレーターには極端なフォワードスタンスがいるが、ハーフパイプやジャンプ競技をするプロはダックスタンスが多い。

少し検索すると以下のような論文が出てきた。

INFLUENCE OF STANCE WIDTH AND BINDING ANGLES ON TIBIAL ROTATION AND OLLIE JUMP HEIGHT IN SNOWBOARD

スノーボードのスタンス設定には科学的な根拠が一切ない。そこで科学的に計測をすることで、膝への負荷の低さとパフォーマンスの観点から最適なスタンス設定を見つけ出す目的で行われた実験である。

実験内容はこうだ。10人のスノーボード上級者に、スタンス幅がshank length(膝から足首までの長さ)と±5cmの3通りと、スタンス角が+30/+15、+18/-15の2通りの、組み合わせで6通りのスタンス設定でオーリーしてもらい、その状況を全身にモーションキャプチャーのようなトラッキングマーカーをつけて計測する実験だ。ジャンプした高さと脚の可動範囲を測定し、スタンス設定のパフォーマンスと脚への負担の影響を調べようという実験だ。

実験結果から言うと、あまり意味のあるデータは得られていないようだ。ジャンプの高さの差は最大で3.6cmだったが、標準偏差が30%もあり、あまり意味がない。もっとサンプル数を上げればましになるだろうか。ただダックスタンスでスタンス幅の広いほうが若干高さが上がる傾向が見られた。

足の可動範囲についてはスタンス幅の影響はみられず、スタンス角の影響は若干観測できたが、やはり標準偏差が大きすぎる。受傷を防ぎやすいスタンス設定については何もわからなかった。

というわけでいろいろとスタンス設定を変えて滑ってみたので、その結果を次に書く。

No comments: