2019-12-18

かぐらスキー場に行ってきた

12月15日に2019-2020シーズン2回目のかぐらスキー場に行ってきた。すでにオープン2日目の12月1日に行っていたのだが、その時は地面が露出していて、板が傷ついてしまった。

エッジの傷はファイルで研摩した。ベースの傷は白い線がはいっているだけで、それほど深くはなさそうだが、ファイバーテックスでこすったぐらいでは取れないようだ。諦めて上からホットワックスをかけた。

2週間膝を休めて15日に再び滑りに行った。当初の予定では14日からガーラ湯沢、石打丸山、舞子といった里のスキー場がオープンする予定だったが、雪不足のために延期していたので、かぐらが混むかもしれない。しかし年内に3回は行きたいことを考えると、今行かなければならない。

始発の上越新幹線で越後湯沢につくと、バス乗り場にはかなり長い列ができていた。バスには全員乗れたが、満員であった。これではみつまたの狭い更衣室が満員になるのではないかと思ったが、更衣室は意外と空いていた。

チケットの購入もそれほど並んではいなかった。

ゴンドラの待ち時間が30分ほどはあった。

今回のかぐらスキー場の客層は、オープン時とはだいぶ異なっていた。オープン時の客層は遠方から来ていて、ウェアの身なりもよく、言葉遣いも丁寧で、たまたまリフトやゴンドラで一緒になろうものなら自分がいかにスキー、スノーボードを愛しているかを問わず語りする種類の人間であった。

ところが15日のかぐらスキー場の客層はひどい。まず身なりが良くない。道具も手入れされておらずエッジ付近にベースバーンの出た板をそのまま使っている。言葉遣いもひどいもので教養のかけらも感じられない。ましてやリフトやゴンドラから漏れ聞こえてくる話はパチンコとセックスばかり。どうやらローカルが多いらしい。

特にひどいのはタバコだ。所構わずタバコを吸うし、あまつさえ滑りながら吸う大ばかものもいる始末。リフトに乗っている最中にもタバコの匂いがしたことさえあった。まだ日本にそんなバカが残っていたのかと驚きさえ覚える。もはや地方に未来はない。

さて、みつまたエリアからかぐらエリアへのゴンドラに乗ろうと道中を滑っていた所、ゴンドラ直前の傾斜で違和感を感じて転倒した。なぜかプロテクターをつけているはずの膝に擦りむいたような衝撃が走る。みると、ピスラボが露出している。しかしカチカチに凍った雪もある。膝のプロテクターをつけていてよかった。最悪に近い状態の斜面をなんとか滑り降りてゴンドラへ。

かぐらエリアにつき、さっそく一本滑ったが、やはり膝が痛む。痛みはなくなったと思ったがまだ早かったのだろうか。しかしここまで来た以上帰るのももったいない。しかし膝は痛む。とりあえず下に降りようと傾斜の極めて緩いゴンドラコースを滑ったところ、膝は傷まない。速度も出せる。楽しい。なるほど、膝の痛む理由が分かった。自分のレベルにあっていない難易度のコースを滑ったからだ。傾斜が厳しく、圧雪もされていないコースを滑り降りるために、強く減速しながら降りてくるために、膝に負担がかかっていたのだ。減速をしなければ膝への負担は軽い。

その日は7本ほどゴンドラコースを滑り、さらに何本かみつまたで滑った。どうやら傾斜20度程度ならば減速せず半ば直滑降、半ばカービングで楽しく滑ることができるようだ。

肝心のスタンス設定だが、やはりスタンス幅56cmは私の体格には長すぎたようだ。今回48cmにしてみたが、だいぶ滑りやすい。56cmのときは膝を極端に内股にしてようやく安定するが、48cmではそのようなことをする必要がない。ただ、流石に少し狭すぎるような気がしたので、次は50cmを試してみたい。

スタンス角であるが、メインのスタンスで+21/+9と+15/-9の違いは実感できなかった。スイッチではダックスタンスのほうがいくぶんか楽に滑ることができるようだ。千シーズンではスイッチはできなかったが、連続ターンがかろうじてできるところまで練習した。しかしスイッチでカービングができないし、直滑降をする勇気も出ない。

翌日、右足に筋肉痛があったが、前回よりは程度が軽く、2日で治った。筋肉痛が治ると、今度は膝の痛みが出てきた。安静にしていると問題はないのだが、地下鉄の階段を登ると痛む。痛むというよりはかゆい。病院に行ったところ、しばらくは運動を控えるべきだと言われたので、次のスノーボードは来年まで控えることにした。

No comments: