2007-12-04

2008年1月号のジャンプスクエアを購入

 無論、荒木飛呂彦の特別読み切り、「岸辺露伴は動かない」を読むためだけに買った。やはり荒木のマンガはスバらしい。  とりあえず、岸辺露伴は、セーラームーンのフィギュアと、レッド・ツェッペリンの紙ジャケと、るろうに剣心が好きらしい。  荒木マンガの面白さは筆舌に尽くしがたいので、是非とも、自分で読むべきだ。  しかし、他のマンガが全然面白くない。はっきり言って、まるでツマらない。週刊ジャンプも、実に6年ぶりに買ってきたのだが、まったく楽しめない。私も歳をとったのか。

2 comments:

あー said...

週刊ジャンプが面白くなくなったというのは実際私もそう思うのではありますが、
連載中の一話だけを読んでそれだけで引き込まれてしまうような漫画が昔だったら多かったかと考えると、今とそれほどの違いはないのではないかという気がします。

もしかすると何話か読んでみると面白いと思うものがあるかもしれませんよ。

人柱 said...

いや、もう少年ジャンプを楽しむのは無理でしょう。

別に漫画自体が楽しめないわけではないのですよ。今でも、さいとうたかをの作品は楽しめます。