2020-01-05

Arch Linuxがパッケージ圧縮フォーマットをxzからzstdに変更

Arch Linux - News: Now using Zstandard instead of xz for package compression

Arch Linuxがパッケージの圧縮に使うフォーマットをxzからzstdに変更した。

Archでは圧縮レベル20を使うことにより、xzにくらべて0.8%サイズが増加するが、デコード速度が1300%向上するという。

CanonicalによるUbuntuは2018年にzstdに移行するテストをしていて、その結果による、圧縮レベル19を使うことにより6%のサイズ増加だったということだ。

zstdとはFacebookのYann Colletが2016年に発表した圧縮フォーマットとそのリファレンス実装のことだ。軽く調べてみたところ、メモリ使用量が多く並列実行に力を入れている設計と実装のようで、現代のコンピューター向けという感じがする。

No comments: