2010-09-03

I Just Called To Say I Love You

昨日、近所のSHOP99に言ったところ、Stevie Wonderの"I Just Called To Say I Love You"が流れていた。

実に単純な歌詞である。「今日は別に特別な日じゃないけれど、ただなんとなく電話をかけて、I love youと言いたかったんだ」という意味の言葉を繰り返すだけの歌である。それだけで、揺ぎない名歌である。

私はつくづく、生まれる時代を間違ってしまった人間である。最近、コンビニでは、実に聴くに耐えぬ騒音を垂れ流している。実際、最近の歌ほど、聴いていて気分が悪くなる歌もないものだ。一体、1990年代、2000年代に何があったのだろうか。何故歌がこれほどにもクソになってしまったのか。

CDが売れなくなった原因として、いわゆる音楽制作、販売としてのレコード会社は、様々な理由を挙げている。曰く、不景気、趣味の多様化、ダウンロード販売、違法ダウンロードと。これらは、それぞれ、それなりの理由があるのだろう。しかし、音楽そのものがクソになったという声は、当のレコード会社からは聞こえてこない。不思議なことだ。まあ、当の音楽制作の本人が、自分の音楽をしてクソだというわけはないか。

1 comment:

Anonymous said...

私の両親も20年前に同じ趣旨のことを言っていました。