2010-04-15

求む、マシなHTMLエディタ

こんなエディタが欲しい。

  • Windows上で動く
  • HTML、XHTML、XML、Javascript、CSSをサポートしていること
  • UTF-8、UTF-16、UTF-32をサポートしていること
  • シンタックスハイライト、補完機能あり、Javascriptに対しては、DOM level 3も補完可能。
  • IMEも問題なく使えること
  • ちらつかないこと、遅くないこと

5 comments:

Anonymous said...

jEdit + XML プラグインあたりが近いかもしれません。
補完の機能は望むものより不足していそうですが。

Takanori said...

この条件だと一番近いのは秀丸エディタでしょうか。

単語補完機能が求められるレベルに達しているかは
わかりませんが、Javascript以外は大丈夫かと。
自分で書き足すこともできますし。

強調表示と単語補完も辞書ファイルDLすれば揃います。
自動でタグを閉じるなどもマクロで可能です。

秀丸
http://hide.maruo.co.jp/software/hidemaru.html
強調表示ファイル
http://hide.maruo.co.jp/lib/hilight/index.html
単語補完辞書ファイル
http://hide.maruo.co.jp/lib/compdic/index.html
マクロ
http://hide.maruo.co.jp/lib/macro/index.html

齊藤 said...

emacs ならおおよそカバーしていますね。 23 あたりのバージョンからは nxml-mode が同梱されて xml 対応が強まっているので、追加で導入が必要なのは js2-mode くらいかな。
適切なモードを導入して設定すれば HTML の中に書いた javascript や css を認識するといったことも出来ます。
残念ながら UTF-32 は非対応なのと、(私は使っていないのでどの程度なのかわかりませんが) IME との相性が悪いらしいです。 emacs の派生であるところの meadow なら IME については解決しているかもしれません。
しかし、言うまでもありませんが、本当に使い勝手のよい環境にするには気合を入れてカスタマイズする必要はあるので、それなりの覚悟が必要です。

Anonymous said...

UTF-32はHTML5でも非推奨なのでサポートしてなくていいと思うけど。
内部処理を手抜きしたい人にとって相対的にほんのちょっとマシなだけで、公開ファイルのエンコーディングとして使いたい場面を思い付かない。

江添亮 said...

まあ、UTF-32は、実際のところ、使わないのですが。