2009-10-23

互換性のためなら死ねる

Video Codec Utility Proxy Codec64

Windowsの、64bitコードのプロセスから、32bitコードで書かれたコーデックを使用可能にするためのコーデックらしい。

仕組みは簡単。64bitプロセスは、プロクシとしての64bitコードのコーデックを使う。このプロクシコーデックは、32bitコードのプロセスを読み込んで、そのプロセス上で、32bitコーデックを利用、結果を64bitコードのプロクシコーデックに渡す。

ソフトウェアの互換性というのは、最も重要な事である。互換性のためなら死ねる。

2 comments:

萌ゑ said...

32ビットコードに掛けた時間とお金と労力が大きすぎますからねえ
簡単に64ビットに移行出来ないのも仕方ないかなあ

しかし既に32ビットの壁を肌で体感する事も出来ます
Jane Doe Styleなどで画像をマウスドラッグで開いていると、32bit
Windowsは1プロセス2GBが上限ですから、200枚ほど画像を開くともう
2GBほど行きます

しかもその時ディスクキャッシュも食い尽くすので、その後しばらくの
動作がもっさりします

hito said...

ですよね。
今日び、画像程度のものは、一度に500枚ぐらい開きたいですよね。
ところが、32bitの仮想アドレスというものが、それを許さない。