2012-06-18

なぜLinus TorvaldsはnVidiaを史上最悪の企業だと罵ったのか、字幕と翻訳と解説

とりあえず話題になっていたので、問題の49分からの部分を自力で書き起こした。

Question:

Okay, Ah so short back story. I got myself two years ago. A laptop that had two graphic cards. It had an Intel and an nVidia. It had a famous Optimus chip that was difficult to operate from linux. I saw at the beggining, I was like expecting to get supported at some point. It was kinda difficult at the beggining and full supports came something like half years ago for one project that's on github[Bumblebee-Project/Bumblebee · GitHub] that's working pretty nice.

But what I saw that at some point I was expecting that maybe nVidia would kinda chip-in and do something for it. And they said flat out "No! We're not doing any support". And I was like "We're playing in the same sandbox why can't be nice to each other".

It's like... like... things like this that we cannot have the hardware producers think about the other stuff as well. They're like hard-set-on that you cannot truly think cooperate with them on.

What's your comment on this.

Linus:

Ah, I know exactly what you are talking about. And I'm very happy to say that it's... the exception rather than the rule.

And I'm also happy to very publicly point out that nVidia has been one of the worst troubled spot we've had with hardware manufactureres. And that is really sad. Because the nVidia tries to sell chips. A lot of chips into the Android market. And nVidia has been the single worst company we'd ever dealt with.

So nVidia! Fuck you! [Linus shows the finger to the camera]

[audience laughs and applauds]

翻訳

質問:

なんと言いますか。二年前、ふたつのグラフィックカードが載っているノートPCを持ってまして。IntelとnVidiaが入っていたんです。有名なOptimusというものでして、当時、Linux上で動作させるのに問題がありました。最初それをみて、私は、いずれサポートされるだろうと思っていたのです。結構難しくて、完全なサポートは、半年ぐらい前にようやく、あるGithub上のプロジェクト[Bumblebee-Project/Bumblebee · GitHub]で、まともに動くものがやっとできたんです。

でも、nVidiaがちょっとは協力するべきだと思うんですよね。nVidiaは全面的に、「弊社は一切協力しない」という態度だったんです。

で、私は「なんでもうちょっと優しくなれないのか」と思ったわけです。

この調子では、優しいハードウェア製造会社なんて存在しないのではないかと。彼らは凝り固まった考え方をしていて、全然協力的じゃないのです。

このことに対してどう思われますか。

Linus:

ああ、言いたいことはよく分かるよ。幸い、それは、唯一の例外みたいなもんだよ。私は声を大にして言うけどね、nVidiaはLinuxにとって一番厄介なハードウェア製造者だね。

これは非常に残念なことだと思うよ。だって、nVidiaはAndroid市場に対して、大量にチップを売ろうとしているんだから。nVidiaはLinuxにとって最悪だね。

nVidia、ファックユー![Linus、カメラに向かって中指を突き立てる]

[聴衆には大受け]

色々と考えたが、原文での、「我々にとって最悪」の「我々」とは、Linuxカーネルのことであると思うので、そのように訳した。

Linus Torvaldsがこのように言うのは、nVidiaは、ハードウェアの詳細を一切明かさないからだ。そのため、Linuxカーネルでサポートできない。ドライバーを書く能力がある者はいるが、どうやってnVidiaのハードウェアを操作するのかわからないので、書けないのだ。自由なソフトウェアによるnVidiaのGPUのドライバーであるNouvaeuは、解析結果を元に作られている。このような取り組みに対するnVidiaの態度は、「訴えない」というだけであり、一切協力することはない。

これに比べて、AMDは自社のGPUの情報を多少は出している。ただし、AMDの公式ドライバーは不自由である。

現時点で、一番マシなのはIntelのIvy Bridgeの内蔵GPUだろう。Intelは公式に自由なソフトウェアによるドライバーを出していて、積極的にLinuxカーネルに貢献している。

ただ、nVidiaの不自由なドライバーは、Windows版のドライバーと遜色ない出来で、それなりに安定していて、パフォーマンスも申し分ない。これがAMDとなると、まず新製品がLinux用ドライバーでサポートされるのに何ヶ月もかかり、5年ぐらい前の製品でも平気でドライバーサポートが打ち切られたりする。

もちろん、不自由なソフトウェアは非人道的なので、nVidiaがクソであることに変わりはないが。

追記:聞き取れなかった部分、改めて聞きなおしてみると、"on Github"と言っているようだ。なぜ昨日は聞き取れなかったのだろう。

ちなみに、このGithub上のプロジェクトというのは、Bumblebee-Project/Bumblebee · GitHubのことだ。

追記2: nVidiaの営業が、邪悪な制限されたバイナリブロブの言い訳をしている。[Phoronix] NVIDIA PR Responds To Torvalds' Harsh Words

5 comments:

Anonymous said...

http://togetter.com/li/189922
ここを読んでいるとnVidiaはソースコードが公開されるから協力しないのではなく。
nVidia自体のサポート能力が低すぎるので協力できないのではないかという
疑いがあります。
というわけでLinusさんはTIと協力して
カーネルを作ってnVidiaを正面から
叩き潰せばいいと思うよ。

Unknown said...

in the end of video(1:00:27)

Linus:"I like being outrageous at times. I guarantee you, if you make that video available on the internet there will be thousands of people who are really upset and offended. I like offending people because I think people who get offended should be offended."

WOW~

江添亮 said...

Also,

"I wish everybody is as nice as I am."

yx_wh said...

やっと我が国の「ネットの万里の長城」(Great Fire Wall)を越えて参りました。

GPUに関しては確かにIntel>AMD>>>nVidiaですが、CPUの方はAMDのが一番かもしれません。
IntelはUEFIを開発するので、http://www.coreboot.org/Supported_MotherboardsでサポートされたIntelのマザボードはPentium II/III時代のものが多いです(laptopではgoogleがchromebookのために実装したものがありますけど)
それに対してAMDはCorebootの開発に協力しているので(http://blogs.amd.com/work/2011/05/05/an-update-on-coreboot/)、Corebootは比較的に新しいK8とK10時代のマザボードをサポートします。
BIOSとGPUドライバー両方のことを考えればやっぱりこれからもAMDのものを買おうと思います。(Chromebookを買うのはまた別として…)

江添亮 said...

そうなんですよね。最も低級な部分から自由を求めるのであれば、CoreBootは必須です。